初めてのインプラント

  • ホーム > 
  • 初めてのインプラント

インプラントで噛める毎日を再び

インプラント治療とは、歯を失った部分にインプラント体と呼ばれる人工歯根を埋め込み、あごの骨と結合させ、その上から人工歯を被せる治療法です。歯を失った場合に行う治療としては入れ歯やブリッジがありますが、これらに次ぐ第三の選択肢として多くの方に選ばれています。

インプラント治療のメリット

  • あごの骨と人工歯根を結合させるため、硬いものでもしっかり噛める
  • 違和感・ずれ・痛みなどがない
  • 歯を削る・バネを引っかけるなど、健康な歯への負担がない
  • 天然歯に色調・質感が近いセラミック製の人工歯を被せるため、見た目が自然

患者さんに聞いた「インプラント治療を選んだきっかけ」

(1)入れ歯がわずらわしくなったから

入れ歯だと、違和感がある、硬いものがうまく噛めない、発音がしにくい、見た目が不自然、長く使っているうちに合わなくなるといった自覚症状がつきまといます。毎日の食事や会話でもどかしさやストレスを感じるようになり、インプラント治療を選択する方が多くいらっしゃいます。

(2)健康な歯を守りたいから

歯を1~2本失った場合、多くは部分入れ歯やブリッジを行います。ですがこれらは、人工歯を固定するために両隣の歯に負担をかけることになります。ブリッジは健康な歯を削って土台にし、部分入れ歯は金属のバネを引っかけるため、噛む力が強く加わり健康な歯を弱らせてしまうのです。

(3)金属アレルギーだとわかったから

入れ歯で金属を使っていたけれど、金属アレルギーだとわかり別の方法をとらざるを得なくなったというケースです。
インプラント治療で使われるのは生体親和性の高いチタンで、金属アレルギーになりにくい、症状も発生しにくいというメリットがあります。

チタンは、大気中においては酸化チタンの皮膜に覆われるため、金属アレルギーの原因となる金属イオンの溶け出しが起こりません。ですから、金属アレルギーを心配される方にも安心なのです。

(4)友人・知人がインプラントを快適に使っているから

インプラント治療の最大のメリットは、以前のように食べたいものをしっかり食べられることです。また、天然歯のように自然な見た目の人工歯を装着することから、見た目にも自信が生まれます。毎日が快適になり、活力を取り戻す方を見て「それなら自分も」と決断される方が増えています。

ちなみに、インプラントだと噛む刺激があごの骨から脳に伝わるため、唾液の分泌やボケの予防、記憶力の向上といったさまざまな効果が期待できます。

インプラントと歯周病の深い関係

インプラント治療は、あごの骨にチタン製の人工歯根を埋め込み、結合させる治療です。
そのため、あごの骨が健康であることが治療を行うための第一条件になります。
もし歯周病であごの骨が溶けていたり薄かったりする場合は、骨を再生する治療を挟まないとインプラント治療を行うことはできません。

たとえて言うなら、地盤がゆるい土地に家を建てるのと同じです。土台となるあごの骨を丈夫な状態に整えなければ、もしインプラント治療が行えても長持ちさせることは難しくなります。

当院では、インプラント治療の前に歯周病治療を一番に考えて治療を進めていきます。
歯周病を完治させ、失われたあごの骨を再生させ、土台をしっかり整え、そのうえでインプラントを行うことが結果的に患者さんの満足につながると考えています。

>> あごの骨を再生させる治療とは?

インプラント手術の精度を高めるCT撮影と「Landmark SystemTM」

インプラント手術の精度を高めるために重要なのが、あごの骨の形態や神経の位置などを詳細に把握することです。
従来のパノラマレントゲンでは二次元の平面画像でしか判断できませんでしたが、CTを使用すれば三次元の立体画像にて緻密な診断を下すことができます。

インプラント治療後のメインテナンスに
インプラント治療後のメインテナンスに
矯正中の歯周病治療に
インプラント治療後のメインテナンスに

そこで当院では、より確実なインプラント手術を行うため、CT撮影と撮影した画像のコンピューター解析を行うインプラント治療支援システム「Landmark SystemTM」を採用しています。

「Landmark SystemTM」とは?

大阪大学歯学部での研究成果をもとに設立された、株式会社iCATが開発。
撮影したCT画像データをコンピューターで解析することにより、適切なインプラントの埋め込み位置などを把握できます。安全・確実で負担の少ないインプラント治療を支援するシステムです。

「Landmark SystemTM」とは?

CT撮影

CT撮影

撮影は数秒間で、痛みなどはありません。また、被ばく量も自然界で1年のうちに受ける被ばく量よりも小さく、安全性が高いことが証明されています。

診断・治療計画

診断・治療計画

CTデータを「Landmark SystemTM」に取り込み、あごの骨の硬さや形、神経の位置などを詳細に確認しながら、インプラントの最適な埋入位置を診断します。その後、「Landmark SystemTM」の画像などをご覧いただきながら治療計画をわかりやすくご説明します。

手術

診断・治療計画

診断結果にそってインプラント手術を行います。診断された位置に人工歯根を的確に埋入できるよう、手術支援器具である「Landmark GuideTM」を作製・使用します。これにより、手術時間の短縮が可能になり、患者さんの負担を大幅に軽減できます。さらに最適な位置へのインプラント埋入が可能になり、インプラントの機能を最大化させ、かつ長持ちさせることへとつながります。

Copyright 大分ぺリオ・インプラントセンター All Rights Reserved

MENU