歯周病

お口の中の気になる症状「歯がグラグラする」「歯茎から血が出る」

あなたのお口には、「歯がグラグラする」「歯茎から血が出る」という症状はありませんか?
もしかしたら、あなたは歯周病かもしれません。

当院は歯周病治療に力を入れている歯医者です 当院では、スタッフ全員で歯周病治療に力を入れています。
治療やメインテナンスはもちろん、歯周病の正しい知識・最新情報を知っていただくための無料説明会も行っています。

歯周病とは

歯周病とは、歯周病菌によって自分では気づかないうちに歯肉(歯茎)や歯を支えているあごの骨が
溶かされてしまい、歯茎から血が出たり、歯がグラグラしたりと進行していく病気です。
歯周病菌は歯に付着したプラーク(歯垢)に潜んでおり、歯と歯肉の隙間から内部入っていくことで起こります。
長期間放置して症状が進行してしまうと、あごの骨が歯を支えきれなくなり、歯が抜けてしまいます。

歯は年齢ではなく病気で抜けるもの

皆さんは、年齢を重ねると歯が抜けるのは当たり前と思われるかもしれませんが、これは大きな間違いです。
歯は年をとることで抜けるのではなく、病気によって抜けるもの。少しでも歯を長持ちさせるには、虫歯や歯周病の予防や早期治療につとめることが大切です。

歯周病はなぜ怖い?
歯周病の進行は非常に遅いため、普段の口腔内の変化にはなかなか気がつきません。

歯周病がおそろしいのは、気づかないところで少しずつ進行する点です。
まず、歯周病菌は歯周ポケットに入り込んで歯肉に炎症を起こします。
歯周病菌は酸素を嫌う「嫌気性」の細菌なので、酸素が届かない奥深くへと
侵入し、さらに歯周ポケットを深くします。そして歯を支えている
あごの骨(歯槽骨)を溶かし始めるのです。
最終的にはあごの骨が失われ、歯は抜け落ちてしまいます。

「歯がグラグラする」「歯茎から血が出る」という症状は、すでに歯肉の炎症が
進み、あごの骨の溶け始めているサイン。放置しているとどんどん進行して歯を失ってしまいます。

歯周病の発症、そして進行を防ぐには、毎日の歯みがきと定期検診で歯を衛生的に保つことが大切です。
プラークや歯石は日々蓄積され、歯周病菌の温床となるうえに、毎日の歯みがきでは完全に取り除けません。
専門医や歯科衛生士のチェックを受けることで、状態にあわせたケアを続けることが大切なのです。

30代・40代の方、妊婦さんに定期検診のご提案

歯周病は一度治療しても、放置すると再発する可能性が高い病気です。
しかも、一度治療を行った歯周組織は弱っていることが多く、
以前とまったく同じ治療に耐えられるとは言い切れません。
なかには再発によって歯が抜け落ちてしまう方もいます。
そのため、正しい歯みがきや定期検診で健康な歯を維持することが
非常に大切なのです。

定期検診を特におすすめしたいのが、歯周病が進行しやすい
30代・40代の方と、歯周病菌の影響で早産などのリスクを招きかねない
妊婦さん。成人して免疫力がゆっくりと下降しているタイミングで、
仕事の忙しさやつわりなどの影響で歯のお手入れが
おろそかになりやすいため、専門医や歯科衛生士による
定期的なチェックが歯の健康維持に欠かせないのです。

30代・40代の方、妊婦さんに定期検診のご提案

歯周病治療

「歯茎から血が出る」は黄色信号、「歯がグラグラする」は赤信号です。これらの症状は、歯周病が進行している証。
進行段階やお口の状態に応じて適切に治療する必要があります。

初期の歯周病

プラークや歯石が付着して、歯肉が炎症を起こして赤く腫れ、
歯ブラシなどの刺激によって出血します

治療法

あごの骨に異常がなければ、正しい歯みがき方法の指導や
プラーク・歯石の除去(スケーリングという)によって治ります。

歯周病菌やプラークが付着してきましたね。歯周病の始まりです。
中等度の歯周病

プラークや歯石の付着量が多く、歯茎だけでなくあごの骨まで炎症が進み、
歯がグラグラしている状態です。腫れや出血だけでなく膿が出ることもあります。

治療法

プラーク・歯石の除去(スケーリング)と、歯面をなめらかにする
ルートプレーニングという治療を行います。
それでも改善されない場合は、歯肉を切開してはがし、歯根やあごの骨に
付着した歯石を除去するというフラップ手術を行います。

歯周ポケットといわれる、歯と歯ぐきの間に溝ができてしまいました。
重度の歯周病

歯のグラつきが大きくなり、膿が出るようになると、あごの骨はだいぶ
溶かされてしまっています。中度までに行っていたプラークや歯石の除去だけでは不十分で、失われたあごの骨を再生させる必要があります。

治療法

歯石などを除去したあと、あごの骨を再生させるGTR法(歯周組織再生誘導法)という骨の再生治療を行います。骨があった部分に膜を設けて骨が再生するスペースを確保し、骨移植などによって骨の再生を促しします。

このぐらいになってしまうと歯がぐらぐらになってしまい、多くの人はこの頃にやっと症状を自覚します。

ジェルとレーザーで歯周病菌を殺菌する「PDT治療」のご提案 詳しくはこちらから

歯を失ってしまったら・・・

虫歯や歯周病で歯を失ってしまったら、入れ歯やインプラントによって歯の機能を補う必要があります。
決して抜けたままにしておいてはいけません。噛む圧力で、あいたスペースに他の歯が傾いてくるなどして、
歯並びや噛み合わせが崩れてしまいます。歯並びや噛み合わせが崩れるとあごの痛みのほか、頭痛、肩こりといった全身症状の引き金となることもあります。

また、一度歯が移動してしまったら、歯を失った直後のようにスムーズに入れ歯やインプラント治療を行うことはできません。治療期間も費用も、そして患者さんご自身にかかる負担も増してしまいます。

入れ歯

1本~複数本が抜けた場合は部分入れ歯、すべての歯が抜けた場合は
総入れ歯となります。

入れ歯の素材やしくみはさまざまで、保険治療か保険外治療(自費治療)かによって費用・材料・見た目の自然さなどが変わってきます。

入れ歯
保険治療

残っている歯に金属のバネを引っかけて入れ歯を支えます。費用は安く治療は短期間で終わりますが、見た目が不自然、硬いものが噛みにくい(噛む力の低下)、食べ物がつまりやすい、 支えとなる両隣の歯が弱ってしまう、といったデメリットもあります。

自費治療

費用は高くなりますが、噛みやすさや見た目の自然さに優れ、他の歯への負担も少なく、長く快適に使うことができます。使用できる材料もさまざまで、一人ひとりの患者さんにぴったりの入れ歯を作ることができます。

ブリッジ

1~2本などわずかな本数を失った場合に行うことが多い治療です。
両隣の歯をわずかに削り、それを土台にして橋をかけるように人工歯を被せます。

入れ歯と比べて違和感が少なく、噛む力も増しますが、健康な両隣の歯を削って土台にするため食べ物がつまりやすかったり、支えの歯が弱って割れ・折れが起こりやすくなったりというデメリットがあります。

ブリッジ
インプラント

人工歯根を埋めてあごの骨と結合させ、上から人工歯を被せる治療法です。
入れ歯やインプラントで根強かった、噛む力の弱さや違和感、支えとなる歯への負担、見た目の不自然さといったデメリットが解消された、より質の高い治療法です。

費用と治療期間はある程度かかるものの、歯を失ってからもストレスなく噛める・しゃべることのできる生活を求める方に支持されています。

インプラント

Copyright 大分ぺリオ・インプラントセンター All Rights Reserved

MENU